刊行書籍

既刊書

音魂よ、舞い上がれ! ① 天宇受売ノ命の岩戸開きフェス編

ISBN 978-4-909489-02-9 

カテゴリー:文芸書(SF小説)

著者:橋口武史

発行日:2019年 2月25日

紙の本のご購入はこちらから

電子書籍のご購入はこちらから

ためし読みはこちらから

日本人のDNAが起動する、ヒーロー素戔嗚の貴種漂流譚!

 女子高生サクソフォニスト・瑠璃は、ある事情で奇魂(くしみたま)の大部分が欠けており、優れた演奏技術を持ってはいるが音に魂を込めることができない。原爆犠牲者を癒す演奏をするためには、どうにかして失われた魂を取り戻すしかない。そこで巫女である叔母の仁美から教えを受けながらパワースポットを旅し、「魂振り」(サックス演奏による神楽)を奉納して奇魂を探そうとする。だがこの旅は出雲の神々によって計画されたものだった。
 出雲で覚醒した瑠璃は、変性意識で神代の世界にワープし、過去の時代に人間として生きていた神話の神々にインスピレーションを与え、国家存亡の危機を救う。目に見えない幽世の世界で神代と現代が錯綜しながら展開する、スピリチュアルな古事記ファンタジー。

 

あらすじ

 広島の慰霊祭に参加するため、父の故郷の出雲へと旅立った高校一年生の神楽瑠璃。八月六日の慰霊祭まであと一週間、サックスプレイヤーの瑠璃は、広島で行う予定の魂を癒す演奏を磨くために、天宇受売神社の巫女の伯母の仁美と共に、出雲各地のパワースポットを廻る。音楽と出雲グルメを供にして──。 

 最初に訪れた須佐神社で参拝した瑠璃の碧眼に、素戔嗚ノ命の姿が飛び込んできた。命に請われて境内で演奏を始めると、たちまち瑠璃の意識は神代へと飛んでいった。神代での壮大なドラマを体験し、戻ってくると、神社に天の御柱が立ち、浮かばれぬ魂たちが救われていった。そこから瑠璃の旅は、日本の歴史を次々と紐解いていく。ヒヒイロカネ製のソプラノサックスを手にし、三種の神器に秘められた天照コードを追いかけて、天宇受売ノ命が転生した少女の時空を超えた魂の冒険旅行が始まる。 

 

【目次】

第一番  黄泉比良坂(よもつひらさか) プロローグ

第二番  須佐神社 三貴子アンサンブル ~天照と素戔嗚と月読~

第三番  須我神社 素戔嗚の八岐大蛇討伐

第四番  八重垣神社  根ノ国へ 黄泉仙人との死闘

第五番  玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ) 比呂司から貰った勾玉

第六番  日御碕神社(ひのみさきじんじゃ) ソプラノサックスと天宇受売ノ命

あとがきにかえて

 

【本書の特徴】

 本書は、日本最古の貴種漂流譚(きしゅひょうりゅうたん)である、ヒーロー素戔嗚の人間ドラマでもあります。女子高生サクソフォニスト・瑠璃を狂言回し役として、荒くれ者である素戔嗚が姉の天照と対立して出雲に旅立ってから、魂の伴侶・奇稲田姫と出会い、自分の負の部分の化身である強敵・八岐大蛇と黄泉仙人との対決を経て和魂(にぎみたま・愛)を発見し、ついに姉との融和に至るまでの姿を、素戔嗚の心のひだまでリアルに描き出します。 本書はまた、島根県のご当地小説であり、神話の人物ゆかりのパワースポットの歴史が身近に感じることができます。スピリチュアルなストーリーで読む、現代の古事記神話をぜひお楽しみください。

 

地球人のための超植物入門 ー 森の精が語る知られざる生命エネルギーの世界

ISBN 978-4-909489-00-5 

カテゴリー:人文書

 

発行:2018年11月5日

紙の本/電子書籍のご購入はこちらから → アマゾン販売サイト 

ためしよみはこちら

 

著者:板野肯三

1948年岡山生まれ。東京大学理学部物理学科卒。理学博士。専門はコンピュータ工学。筑波大学システム情報工学研究科長、学術情報メディアセンター長、評議員、学長特別補佐等を歴任。現在、筑波大学名誉教授。自然や科学全般に幅広く関心を持って活動し、研究室で一粒の種から500本以上の茎を出す稲を育てた。ソロー学会会員でもある。

 

 

内容紹介

 植物をこよなく愛する大学教授が、ある日森の精から「植物にも人間と同じように心と魂があり、それぞれの人生を一生懸命に生きながら自然を作っている」ことを教えられた。 植物の中には、人間と話ができるほどに進化した者や、地球レベルでの役割を担う者もいるという。

物質文明とのバランスを取るために、地球には深い自然が不可欠である。「植物は地球の生命エネルギーを表現している」「植物には癒しの力がある」「どんな植物にも個性と使命が埋め込まれている」「自然界に必要のない植物はない」「自然の強さは植物の種類の多さで決まる」「植物は過酷な環境でもやる気があれば育つ」など、科学者ならではの切り口で 植物の世界を描き出し、自然に対する見方を変えてくれる。

現文明の行き詰まりを乗り越えるには、植物や土地や地球の生命エネルギーを感じる感性を取り戻し、自然と共生することが必要だ。”目に見えないからといって、それがないとは言えない” ― 科学者でもある著者が、科学を超えた世界を語る植物エッセイ。本書を一読した後には、植物をものとして見ることはできなくなるだろう。

 

こんな方にオススメします:

●植物が好きな方「植物は思いを持っている」

植物学の世界では、植物が単に生理的な反応をしているのではなく、森の植物が全体でコミュニケーションをとっていること、経験を積んだ古木が若い木を指導していることなど、植物も知性を持っているという新しい植物観が生まれつつある。そうした類書が示唆しながらも、正面から語ることができなかった「植物の思い」についても深く納得できます。

● 環境保護に興味のある方「自然にも存在の権利がある」

「地球には生命がある」「植物には魂がある」と語る著者の主張は、誰にでもわかる究極のエコロジー思想であり、環境保護運動にこそ必要な視点かもしれません。

● 地方創生のヒントがほしい方「森の癒しの力を再発見」

豊かな自然を見る目が変わったら、森の癒しの力や里山の活用など、地方創生の文脈で新たなアイデアのヒントが得られるかも。

●自然農法に興味がある方 「土地も土も生きている」

「土地も土も生きている」「植物には意思がある」という切り口で、人間が自然とより深く付き合うための新しい視野を提供してくれます。農業や林業に携わる方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

●スピリチュアル好き「磁場を作る自然霊」

全てに意識があるというアニミズム的な世界観が、科学者の目からみてもどのように真実であるかを、植物を題材に解き明かした本です。

 

 

本書に収められたエッセイのタイトル一覧

1 プロローグ―地球に植物がある根源的なわけ

2 植物と癒し―自然にもいろいろな深さの段階がある

3 トマトのやる気、稲のやる気―トマトが巨大化するのはなぜか

4 植物の適応―植物は環境の中で自らを変えていく

5 ディープネイチャーとライトネイチャー―原始林は地球のエネルギーの緩衝帯である

6 不忍池のハス―土地の磁場を浄化するハスのエネルギー

7 屋久島探訪記―生命の神秘を表現する古代杉

8 青森ヒバ―極寒に耐えるからこそ生まれる強い生命力

9 白神山地のブナ―植物は地球の環境を維持するために働いている

10 アップルロード―リンゴ栽培は病気との戦い

11 ソメイヨシノの魂―新しい植物が生まれるとき

12 花梨の性格と薬効―植物は果実にエネルギーを込めている

13 アジサイの精―植物の魂はどのように増えていくのか

14 プリンセスミチコとフローレンス・ナイチンゲール―地植えの花は枯れてもエネルギーを発散する

15 ニュートンのリンゴ―木と人間にも個人的な縁がある

16 スギと花粉―単体の植林で杉は飢餓状態になる

17 植物の寿命―植物はなぜ環境に適応できるのか

18 マルコポーロ―植物はなぜ切られても生きているのか

19 雑草の生き方―知られざる雑草の薬効

20 イヌブナ―壊れたバランスを修復する植物との交流

21 菜の花―群生する植物の力を借りてヒーリングができる

22 シュタイナーと農業―生命体としての地球

23 園芸の魔術師バーバンク―実をつけたアーリーローズの秘密

24 水のらせん運動とシャウベルガー―水を旋回させると酸化還元電位が下がる

25 シャウベルガーの鋤―土は生きている

26 コンコードの自然とソロー―アメリカの精神文明の源流の地

27 カスケードの杉林―シャスタ山の精霊が住む森

28 植物と話すということ―魂と魂のダイレクトな交信

29 エネルギーのバランス―地球を蝕むネガティブな思い

 

 

1
トップへ戻る